趣味を楽しんで経済を回せ!

サラリーマンはエクスプレス予約を使わないと損!|東海道・山陽新幹線ユーザー必見

サラリーマンは新幹線を使う機会って多いですよね。

東海道新幹線や山陽新幹線を使う人は「エクスプレス予約」をご存知でしょうか?

「エクスプレス予約」を使えば、スマホから予約ができるので、券売機にならぶ必要がありません。

さらに、通常の価格よりも安くチケットを買うことができます!

この記事では「エクスプレス予約」を使うと、どれくらいお得に新幹線に乗れるか紹介します。

年1回でも東海道・山陽新幹線に乗るなら使わないと損?エクスプレス予約とは

エクスプレス予約とは、東海道新幹線・山陽新幹線の会員制ネット予約サービスです。

年会費は1,080円ですが、年1回でも東海道新幹線や山陽新幹線を使って出張するというサラリーマンは使わないと損です!


どれくらい割引になるのか、参考に東京〜名古屋間の料金を見てみましょう。

東京-名古屋 のぞみ号料金

通常料金(自由席)10,360円
通常料金(指定席)11,090円
エクスプレス予約(指定席)10,110円

差額はなんと980円

往復で1,960円も差が出ます。

しろくま

あれ、自由席よりも250円やすいじゃん!

ちなみに東京〜博多間の料金はどうでしょうか。

東京-博多 のぞみ号料金

通常料金(自由席)21,810円
通常料金(指定席)22,950円
エクスプレス予約(指定席)21,320円

差額は1,630円

片道でこれだけ割引になるんです!

出張の多いサラリーマンなら余裕で元がとれちゃいますね。

MEMO
エクスプレス予約の指定席は、座席表から空き状況を確認して好きな席を予約することができます。

出張でもポイントでグリーン車に乗れる!

交通費は領収書出さなきゃいけないから、安くなっても意味ないやというそこのお兄さん!

エクスプレス予約の良さは安さだけじゃありません。

新幹線を使うほどポイントが溜まって、タダでグリーン車に乗れる「グリーンプログラム」というサービスが自動的に付いているんです!

出張の時にグリーン車に乗れたらかなり快適ですよね!

ポイントの貯め方と使い方

ポイントは乗車区間ごとに設定されています。

グリーン車に乗る際に必要なポイント数は、乗車区間に関係なく

 ・のぞみ号 1,000ポイント
 ・ひかり号 800ポイント
 ・こだま号600ポイント

となっています。

どれくらいの頻度で新幹線を利用すればグリーン車に乗れるのか見てみましょう。

乗車区間ポイントのぞみ号グリーン車
(1,000ポイント)
貯めるのに必要な乗車回数
東京〜新大阪90ポイント6往復
東京〜広島130ポイント4往復
東京〜博多130ポイント4往復

大阪まで年間で6回以上出張する場合はのぞみ号のグリーン車に乗れます。

のぞみ号は1,000ポイントも消費するのでちょっと難しいかもしれませんが、貯めたポイントでひかり号のグリーン車(600ポイント)でのんびり帰るというのも良い使い方でしょう。

エクスプレス予約とスマートEXは別物なので注意を!

よくある間違いが「エクスプレス予約」と「スマートEX」が同じものだと勘違いするケースです。

いや、それはしろくまくんだけじゃないかな・・・笑

ぺんぎん

しろくま

そんなことない!だってロゴとかめっちゃ似てるし!

「エクスプレス予約」と「スマートEX」は両方似たサービスで、しかもページの雰囲気も一緒なので間違いやすいんですが、「エクスプレス予約」は会員制の有料サービスで、「スマートEX」は無料サービスです。

僕は最初「スマートEX」を使っていたので、ログイン画面を間違えて入れずにしばらく悩みました。笑

エクスプレス予約はこちら!
間違えないように気をつけてください!笑

参考 エクスプレス予約 新幹線の会員制ネット予約サイト名

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です