趣味を楽しんで経済を回せ!

【SHARP 42V型AQUOSレビュー】シャープの2T-C42BE1が安くて二人暮らしにちょうど良いサイズ!5万円以下で買える高コスパテレビ

二人暮らしを始めるにあたり、いろいろと家電をそろえることになりますが、テレビも出費が大きい家電の一つなので、どれにすれば良いのかとても迷ってしまうと思います。

特に迷ってしまうのは、どのサイズを選べば良いかという問題です。

予算は5万円以内と決めていたので、だいたい32V型か42V型が選択肢に入ります。

かなり迷いましたが、最終的に42V型を選びましたがちょうど良い大きさでした。

二人暮らしを始めるときに購入したのがこちらのSHARP AQUOS 2T-C42BE1です。

SHARP AQUOS 2T-C42BE1とテレビ台

45,000円前後で購入することができるので、有名ブランドのテレビの中では圧倒的に安い価格です!

画質はフルHDなので、4K画質までは必要ないけどちゃんとしたブランドのテレビが欲しいという方におすすめです。

11畳のリビングで、42V型はやや大きいかなと思いましたが、実際に部屋に置いてみたらちょうど良いサイズで大満足でした。

テレビまでの距離は2〜2.5mでちょうど良い感じなので、参考にしてみてください。

この記事では、SHARP AQUOS 2T-C42BE1についてレビューしていきます。

AQUOS 2T-C42BE1の見た目と特徴

SHARP AQUOS 2T-C42BE1の外観

SHARP AQUOS 2T-C42BE1は、AQUOSテレビの中のスタンダードモデルに分類されます。

シャープのAQUOSテレビは、高いモデルから順番に、次のようにモデルが分かれています。

AQUOS 8K

    CX1 AX1 BW1
・AQUOS 4K

    CN1 CL1 BN1 BL1 BJ1 BH1
・AQUOS

    BE1 AE1 AD

今回紹介するのはAQUOSカテゴリのBE1ラインの商品です。

個人的にはAQUOS 8Kと4Kはオーバースペックかなと思います。

普通のAQUOSシリーズが一番下のカテゴリのように感じてしまいますが、それでもフルハイビジョンなので普通にテレビ番組を楽しむ分には問題ありません

ゲームを高画質な画面で楽しみたいといった方はワンランク上のモデルを選ぶのが良いと思いますが、家庭用にはフルハイビジョンで十分でしょう。

AQUOS 2T-C42BE1のスペック

2T-C42BE1仕様
本体サイズ幅 95.6 cm
高さ 60.7 cm
薄さ 8.1 cm
画面サイズ42V型ワイド
92.4cm × 50.6cm
重さ8.7 kg
画素数1,920 × 1080
フルスペックハイビジョン
チューナー数2つ
裏番組録画可能

チューナー数は2というのは、1つの番組を観ている間に、もう1番組は裏番組録画用に使えるという意味です。

したがって、わざわざ高いレコーダーを買わなくても、外付けハードディスクをUSBケーブルで繋げば録画機能が使えます。

しろくま

レコーダーって安くても3万円はするもんね〜
外付けハードディスクなら1万円以内で大容量録画ができるよ!

ぺんぎん

バッファロー HD-NRLD3.0U3-BA 3TB 外付けHDDなら容量が3TBで、地デジ番組を約374時間分録画することができます。

HDD容量地上デジタル
ハイビジョン
(17Mbps)
BSデジタル
ハイビジョン
(24Mbps)
1.0TB約125時間約88時間
2.0TB約249時間約177時間
3.0TB約374時間約265時間
4.0TB約499時間約353時間
録画番組用HDDガイド | バッファロー

AQUOS 2T-C42BE1の外観

テレビの薄さは8.1 cmとなっていますが、これはスタンド部を除いて一番厚い部分のサイズです

SHARP AQUOS 2T-C42BE1の横側

スタンドは2ヶ所から脚が生えて支えるスタイルです。

SHARP AQUOS 2T-C42BE1のスタンド部分

後ろ側には排熱口と各種ケーブルの差込口がありますね。

SHARP AQUOS 2T-C42BE1の背面

接続端子も標準的なものがそろっています。

USB端子 × 1
HDMI端子 × 3
ヘッドホン端子 × 1
LAN端子 × 1
AV入力(黄白赤) × 1

SHARP AQUOS 2T-C42BE1の端子類

HDMI端子がちゃんと3つあるのが良いですね。

SHARP AQUOS 2T-C42BE1の端子とアンテナ
注意
本体自体にテレビアンテナケーブルは付いていないため、別途購入する必要があるのでご注意を。

AQUOS 2T-C42BE1の画質と音質

SHARP AQUOS 2T-C42BE1の画質は1,920×1,080のフルスペックハイビジョン(フルHD)です。

解像度画素数
地上デジタル放送1,440×1,080150万画素
フルHD1,920×1,080200万画素
4K4,096×2,160880万画素
8K8,192×4,3203,500万画素

上記の表の通り、地上デジタル放送の画質よりも良い性能となっています。

日常的に使う分には4Kの高いテレビを買うよりも、4万円代で購入できるSHARP AQUOS 2T-C42BE1を買う方がコスパが良いと言えます。

また、音質についてAQUOSブランドなりの音質が確保されていると感じます。

音声調節機能もあり、人の声や会話を聞き取りやすくする音声「くっきり」ボタンがリモコンにあるので、ニュースやドラマの声もしっかりと聞くことができます。

AQUOS 2T-C42BE1のレビューまとめ

この記事では、SHARP AQUOS 2T-C42BE1についてレビューしました。

二人暮らし用のメインのテレビとして購入しましたが、価格とサイズともにちょうど良い感じです。

4K画質までは必要ないけど、ちゃんとしたブランドのテレビが良いという方におすすめです!

新生活家電の候補の一つとして検討してみてください。

二人暮らしに必要な5つの家電の予算を紹介!実際の費用とおすすめ商品を公開 【Recolte Home BBQレビュー】丸洗いできるレコルトのコンパクトホットプレートでQOL爆上げ!お家ご飯がもっとおしゃれになるアイテム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です