趣味を楽しんで経済を回せ!

【コールマン ツーリングドームSTレビュー】コスパ最強なソロキャンプ用テント|バイクツーリングもOK

この記事ではコールマンの1〜2人用テント「コールマン ツーリングドームST」をレビューします。1万円ちょっとで買える高コスパテントで、組み立ても簡単、コンパクトに収納できる優秀なテントです!

キャンプに行こうと思った時に、まず用意したいのはテントですよね。

しろくま

どんなテントを選べばいいのかな?
価格と性能のバランスを考えなきゃいけないね〜

かわうそ

有名ブランドのテントは1人用でも3〜4万円と非常に高価な一方で、ブランド品でなければ1万円以内で買える格安テントもあります。

コールマン ツーリングドームSTは、コールマンというちゃんとしたキャンプ用品ブランドの商品ですが、1万円ちょっとで購入できるのでコスパが高く安心感があります。

しろくま

Colemanのブランドロゴがついているのがかっこいいね〜!

組み立て方も簡単なのでキャンプ初心者の方にもおすすめです。

この記事では、実際にコールマン ツーリングテントSTを使用してみた感想を紹介します。

コールマンツーリングドームSTのサイズと重量

コールマンツーリングドームSTは1〜2人用のテントです。

とはいえ、実際のところは大人が1人寝袋で寝て、荷物を横に置くとスペースがなくなってしまうので2人での使用を考えている方は気をつけましょう。

テントを立てた時のサイズは、タテヨコが210cm×120cmで、高さが100cmです。

コールマンツーリングドームSTの中の様子
インナーテントを立てるとこんな感じです。

タテが210cmあるので余裕で寝られるかと思いきや、身長180cmの僕が横になると、つま先と頭がテントの横に当たってしまいました。

しろくま

壁が斜めになる分せまくなるんだね…
注意
身長が180cmを超える人はまっすぐ寝ることができないので注意です。

また、コールマンツーリングドームSTの重さは約4.4kgです。

本格的な登山用のテントは重さ1kg未満のテントが多く、ツーリング用テントも2〜3kgのものが多いので、比較的重いのがマイナスポイントです。

他のテントと比べると軽量性にはやや劣りますが、軽いテントは当然値段も高くなります。

バイクや車に積載して運ぶのであれば、多少重くても問題ないレベルです。

コールマンツーリングドームSTは組み立てが簡単

コールマンツーリングドームSTは、組み立てが簡単なので1人で設営することができます。

もちろんキャンプ初心者でも簡単に扱えます。

組み立て方は、まずポール2本でインナーテントを立てます。

コールマンツーリングドームSTインナーテントのポール

2つの角はポールを入れるポケットになっているので、ここにポールを差し込みながら立てると楽に作業できます。

コールマンツーリングドームSTのインナーテント設営方法1

クロスしたポールにインナーテントの黒いフックをかけるだけでOKです。

コールマンツーリングドームSTのインナーテント設営方法2

テントの前室を作るためのポールをもう1本通してフックをかけて固定します。

コールマンツーリングドームSTのフライシート
雨風を防ぐフライシート

最後に、フライシートを上から被せて内側のマジックテープでインナーテントのポールに固定します。

コールマンツーリングドームST設営画像

付属のペグでテントの角とフライシートを固定すれば設営完了です!

※テントの下にはブルーシート(またはテント用グランドシート)をひきましょう。

注意
コールマンツーリングドームSTにはペグは付いていますが、ペグを打ち込むためのハンマーは付いていないので、別途購入しましょう。

コールマンツーリングドームSTのたたみ方と収納サイズ

コールマンツーリングドームSTの箱とリモコン

コールマンツーリングドームSTは、ツーリングと名前に入っているだけあってそれなりにコンパクトに収納できます。

収納サイズは、直径23cm、長さ54cmにまとめることができます。

インナーテントとフライシートをそれぞれ縦長になるようにたたみ、ポールを入れた袋を軸にしてぐるぐると巻きます。

あとは紐で縛って収納袋に入れればOKです。

コールマンツーリングドームSTはバイクに積載できる?

さて、コールマンツーリングドームSTがバイクに積載できるのかという疑問ですが、「なんとかバイク積載可能」というのが答えです。

他のソロキャンプ用テントと比べると、サイズはやや大きめで重量も約4.4kgと重いので、250ccのバイクだと若干不安になります。

しかし、例えばタナックス ミドルフィールドシートバッグのサイズは、タテ28cm、ヨコ52cmです。

直径23cm、長さ54cmに収納できるツーリングドームSTなら、シートバッグの上に積載することも十分可能なサイズです。

他の荷物の余裕が少なくなってしまいますが、バイクツーリングに使用してもギリギリ問題ないサイズと重量です。

コールマンツーリングドームSTは冬も使えるのか?

冬でもコールマンツーリングドームSTは一応使用可能です。

しかし、どちらかというと春〜秋の3シーズン向けに作られているので外気温はほとんど貫通してきます。

冬用の寝袋など、十分な装備を準備してキャンプに挑みましょう。

コールマンツーリングドームSTレビューまとめ

この記事では、「【コールマン ツーリングドームSTレビュー】コスパ最強なソロキャンプ用テント」について書きました。

コールマンツーリングドームSTは、サイズが若干大きく重量もあるので満点とは言えませんが、価格面では高コスパなソロキャンプ用テントと言えます。

価格は抑えたいけど、無名ブランドのテントは嫌だなという人におすすめのテントですね!

【2019年版】超便利なアウトドアワゴン5選|ピクニックやキャンプで大活躍! 絶景富士山が見える!朝霧高原のおすすめキャンプ場3選

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です